カテゴリ:白日会



2023年 · 2023/12/06
今年も選抜して頂くことができました。 栄えある舞台、気が引き締まります。 出品作品はS4号の小品の油彩です。 タイトル「MY TIME8」S4号、キャンバスにオイル、2023年制作 木漏れ日の中、子供のうさぎがお絵描きをしている情景です。
2023年 · 2023/08/01
◆展覧会名: 第34回明日の白日会展  ◆場所: 日本橋高島屋S.C.本館6階 美術画廊 ◆期間: 2023年8月23日〜28日

2023年 · 2023/06/17
月刊美術2023年6月号に記事を掲載していただきました! 「他に、SOMPO美術館賞の原太一〈After The Rain〉はポップな神話ロマン。バベルの塔を巡る神との戦いに敗れた人類の廃墟に、画家の分身である兎のキャラクターが佇む。現代社会への風刺的表現ともいえる。」
2023年 · 2023/05/20
【出品作品について】 白日会本展に出品した作品が関西展に巡回して頂ける運びとなりました 【会期】 2023年6月14日(水)~20日(火) 10:00~20:00 ※最終日は17:00まで ※入場は30分前まで 【会場】 あべのハルカス近鉄本店 ウイング館8F「近鉄アート館」

2023年 · 2023/04/08
〈ごあいさつ〉 久しく中断しておりました 「白翔の会」展ですが、 この度名称も新たに「白翔会」展として開催する運びとなりました。 創立以来本年で99年の歴史を持つ白日会は、写実を標榜する研究団体であり、常に時の流れの中に写実とは何かを芸術表現のうえで問うて参りました。 会員各位の努力もあっ...
2023年 · 2023/03/25
第99回白日会展にて、【SOMPO美術館賞】を受賞する事が出来ました。沢山の作品の中から選んで頂けて、本当に光栄です。心より感謝申し上げます。

2022年 · 2022/12/17
【展覧会】 《若手選抜展 白日会新鋭特集》に新作一点を出品させていただきます ※ 《第47回英英紅綠(えいえいこうろく)白日会会員選抜展》と同時、同会場にて行われます。 【会期】 2022年12月21日 (水)~26日(月) <最終日午後5時終了> 【会場】 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊 【出品作品】 「昼下がりのラジオ」 F8、キャンバスにオイル、2022年制作...
2022年 · 2022/10/27
思いがけず【神奈川白日賞】をいただきました! 白日会神奈川支部展の最高賞とのことで、感無量です。 応援して下さった皆様、ありがとうございました! 旅の合間に、木の下で一休するうさぎのギアス氏を描きました。傍には古びたトラック。 引き続き、制作を頑張りたいと思います。

2022年 · 2022/08/01
写実画を標榜する「白日会」の50歳以下の選抜展「明日の白日会展」に参加します。とても光栄です。 50号サイズと4号サイズの新作油彩画2点を出品いたします。
2022年 · 2022/08/01
【記事を転載しました】 第33回 明日の日日会展 明日へ突き進む作家たちの競演 3月の「白日会展」出品者より選抜された、50歳以下の気鋭作家による「明日の白日会展」が本年も開催される。今回の出品作家は絵画部より池田宏介、苛原治、岩本将弥、 宇田川格、納義純、亀山裕昭、...

さらに表示する